【栄養学】たんぱく質・アミノ酸ってなんだ?EAA・BCAA・プロテインの使い分け

こんにちはPersonal Gym Takku代表のTakkuです(^^)
たんぱく質とかアミノ酸ってよく聞くと思いますけど、実際のところ何なんだ??
って思う方もいると思うので、今日はその説明。
これが分かると、BCAAとかプロテインとかの使い分けが分かりますよ!
僕が講義の時に使っている資料を使いながら説明します。

たんぱく質って??

たんぱく質とは
「100個以上のアミノ酸が縮合したペプチド」
一般の方には難しい用語が並んでますね(^^;
「アミノ酸がたくさんついてるやつ」って考えればオッケーです🙆
写真の右側は無視していいですが、いろんなたんぱく質がありますよってことですね。

アミノ酸って??

アミノ酸
「たんぱく質が分解されたもの」
画像のような分子式になっています。
他にもたくさん種類があり、それらがたくさん結合してたんぱく質になります。
BCAAは聞いたことがある人もいますね?
バリン、ロイシン、イソロイシンがBCAAです!

消化・吸収

これも一般の方は細かいところまで知る必要はないのですが、食べ物を食べてから小腸で吸収されるまでに、1~4時間かかるということです。
食べ物の種類によって変わってきますが。
なぜそんなに時間がかかるのかというと、「消化」が必要だからです。唾液とか、胃酸とか。
例えばたんぱく質は胃酸などで消化されてアミノ酸になります。これに時間がかかっているのです。
つまり、たんぱく質の状態で摂取すると消化に時間がかかり、アミノ酸の状態で摂取すると消化に時間がかからないので、すぐに吸収できるという訳です。

BCAA・EAAの必要性

上で説明したように、アミノ酸は吸収が速い!
サプリメントでBCAAとかEAAというのがあります。筋トレをやっていてまだ飲んでない人は飲んだ方がいいです。これらは何かというと
BCAA(Branched Chain Amino Acid;分岐鎖アミノ酸)
EAA(EAA:Essential Amino Acids;必須アミノ酸)

この辺も難しいので詳しくは今後説明しますが、必須アミノ酸という体内で合成できないアミノ酸が9種類あって、それのことをEAAと呼んでいて、EAAの中の3種類(バリン、ロイシン、イソロイシン)がBCAAです。
つまり、こいつらは、筋肉を作るために必須の材料という訳です。
吸収がとても速いので、筋トレ中に飲むのがベストです。
プロテインは分解に時間がかかってしまうので、筋トレ中に飲んでも栄養になりません。
筋トレ中の栄養補給のために作られたのがEAAやBCAAということです。

おすすめEAA・BCAA

基本的にはEAAがおすすめです!
味はかなり人工甘味料で加工しているので、甘味料が苦手な人には飲みにくいかもしれないですが、甘味料無しのものはマズ過ぎて飲めないです(^^;
安いし成分いいし飲みやすいGrongが僕はお勧めです。
味は、ヨーグルトとかレモンとか美味しかったです!!
是非筋トレする人は買ってみてください(^^)
最安値載せておきます!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GronG(グロング) EAA 必須アミノ酸 風味付き 500g
価格:3780円(税込、送料無料) (2021/6/28時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。